ちゃんとマナーを守る人が割を食わない社会を!

 先ほど、いつものようにダレットワールドにインしていたのですが、そこでひょんなことから、喫煙に関する話題になりました。

 私などは嫌煙者なので、喫煙者の気持ちを完全に理解することは不可能なのですが、たばこを吸う人からは、やはり喫煙者はかなり追いやられているという話が出ました。

 ここでひとつ考えされられたのは、その人の次の台詞でした。

タバコが嫌いなら分かるけど
タバコ吸ってる人が嫌いってのは
おかしいおww

 正直、自分などは「たばこを吸ってる人が嫌い」と思うことがあります。
 どうも、その人からは、自分が喫煙者の人格まで否定している節があるように思われてしまったようです(苦笑)。

 いくら喫煙者の気持ちがわからない自分でも、喫煙者が追い詰められているという現状はわかってはいるつもりです。
 実際に、駅や公共施設などでもどんどん喫煙可能な場所が減っており、喫煙可能な空間に人が集まっているような状況を何度も目の当たりにしております。
 自治体によっては、路上喫煙の禁止を謳っているところもあります。

 私などはたばこの煙は大嫌いなので、煙たくない今の駅や公共施設のほうがいいのですが、喫煙者としてはどこで吸えばいいんだと言いたいのではと思われます。

 しかし、今のような状況を招いてしまったのはほかならぬ喫煙者だと思われます。
 それも、ちゃんとたばこが嫌いな人に対する配慮のある人ではなく、そうでない人ですね。

 自分なども、喫煙してはいけない場所で喫煙している人間を何度も目撃しており、何度か実際に注意をしたりもしているのですが、無視されて別の場所(もちろん喫煙禁止)で吸い直したり、ひどいのになると「かんけーねーだろ」と逆ギレしてきたのもいました。
 こういった人々は、自分たちで墓穴を掘っているだけではなく、ほかの人にも多大なるご迷惑をおかけしていると言うことに気づいていないのでしょうか。
 このような人々が目立つようになってしまったがために、ますます喫煙者全体(当然マナーをわきまえている人を含む!)が追いやられることになるのです。

 これでは、マナーをわきまえているまっとうな喫煙者にとってはたまったものではありませんね。

 喫煙禁止場所で喫煙している人に対しては罰則を強化する必要があると思いますね。健康被害や、他者をやけどさせる危険性などを考えると、厳罰化は大いに検討すべきでしょう。
 その一方で、きちんとマナーを守っているまっとうな喫煙者に対しては、ある程度の優遇措置はあってもいいかもしれません。
 反則歴(?)のない喫煙者であれば、たばこを安価で買えるようにするなどというのが、一番現実的かもしれませんね。「ゴールド喫煙者」とか言って(笑)。

 喫煙に限ったことではないのですが、今の日本の社会全般的に、マナーを遵守している人ほど割を食う仕組みになっているように思えてなりません。

 ある特定カテゴリに属する人を一緒くたに区分するのではなく、罰すべき人は罰して、救済すべき人はしっかり救済する仕組み作りが必要なのではと思われる、今日この頃です。


この記事は雑談に投稿されました タグ: , , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。

2 コメント

  1. 公開日時: 2009 年 7 月 15 日(水曜日) - 21:44 | パーマリンク

    路上喫煙の禁止を謳っている自治体に住んでいるなかたんです。罰則ありなのですが取り締まりを見たことがないような(ぉぃ)。

    今の日本の社会全般的に、マナーを遵守している人ほど割を食う仕組みになっているように思えてなりません。

    確かにそうですね。電車なんかでも降りる人が終わるまで待っているとその間に反対側から乗られてしまいますし。

    「ゴールド喫煙者」とか言って(笑)。

    この発想は目から鱗です(笑)。ただ、「運良くあるいはうまくかいくぐって捕まらない」人がゴールドになることのないよう、取り締まりはきっちりやってもらいたいもの、ですが、なかなかそうも行かないところに問題が。ボランティア活動によるポイント制も必要悪として考えざるを得ないのかも知れません。

  2. 公開日時: 2009 年 7 月 16 日(木曜日) - 00:21 | パーマリンク

    罰則ありなのですが取り締まりを見たことがないような(ぉぃ)。

     私も、取り締まりを見たことはないですね。
     なんのために罰則を規定しているのかわかりません。

    電車なんかでも降りる人が終わるまで待っているとその間に反対側から乗られてしまいますし。

     そうそうそうそうそうそう!!

     もっとも、降りる人も降りる人で、特に先頭集団はもっとてきぱき動けないのかと思うことがしばしばあります。
     冗談抜きで、人間用バックミラーが必要なのではと思う今日この頃。

    ただ、「運良くあるいはうまくかいくぐって捕まらない」人がゴールドになることのないよう、取り締まりはきっちりやってもらいたいもの、ですが、なかなかそうも行かないところに問題が。

     駐車違反の取り締まりを民間に委託したらだいぶ違反が減ったそうですが、その手法ではダメでしょうかね? 雇用創出にもなりますし。

    ボランティア活動によるポイント制も必要悪として考えざるを得ないのかも知れません。

     これについてはイマイチよくわかっていないのですが、墓ランディア活動をしてポイントを溜めた人はたばこ購入などで優遇措置を適用するって考えればよろしいでしょうか?

  • QR Code

    • お使いの端末によっては表示されないことがあります。